パラベン 香料

パラベン・香料はなぜ髪や頭皮に負担がかかるの?

シャンプーやカラー剤などに含まれている、パラベンや香料は、髪や頭皮にどのような影響が
あるのでしょうか?

 

パラベンというのは、防腐剤の中に含まれているものです。シャンプーなどの化粧品は、酸化
してしまうと、品質が少しずつ落ちていってしまいます。買ってきたままだと大丈夫ですが、
開封した瞬間から酸化は始まります。

 

その酸化を防ぐのが、防腐剤です。

 

防腐剤には酸化を防いで、長期間にわたり品質を保つ効果があります。今はほとんどの
化粧品などに使われているのではないでしょうか。
そして商品の使用感をよくするために用いられるのが、香料です。香料も本来はいらない
ものなのですが、化粧品やシャンプーなどの香りは商品を選ぶ時の大きなポイントにもなります。

 

その防腐剤や香料ですが、敏感肌やアレルギーの方には悪影響を及ぼす場合があるのです。
全ての人にアレルギー反応が出るわけではありませんが、まれに痒みなどのトラブルが発生します。

 

お肌や頭皮に少しでも不安や悩みのある人は、このような防腐剤や香料などが大量に入ったものを使うのは、少し注意が必要ですね。

 

気づかずに使ってしまい、痒くなってきた!などのトラブルを避けるためにも、使用前に商品のチェックをしておきましょう。最近では、無添加のシャンプーや化粧品も多く出ていますので調べてみてくださいね。

 

特に頭皮というのは意外と敏感な部位ですので、シャンプーやカラー剤などには気をつけましょう。
敏感肌の方は、シャンプーは無添加のものを、カラー剤などの薬品は極力ダメージの少ないものを
使うようにします。カラー剤は、ヘアマニキュアやヘナカラー、トリートメントタイプのものなどがあります。

 

これらにはパラベンや香料が大量に含まれていませんので、安心して使用できるはずです。

 

安心して使用できる白髪染めはこちら